MISAってなあに?

MISAってなあに?
MISAとは一般社団法人宮城県情報サービス産業協会(Miyagi Information Service Industry Association)の略称です。
MISAの目的は?
MISAは、県内における情報開発技術の利用促進・水準向上並びに人材の育成、普及啓蒙をおこなうことにより、地域社会の高度情報化の促進を 図り、本県における経済及び社会の発展に寄与することを目的としています。
MISAの会員は?
MISAの会員構成は上記目的に賛同していただいた、宮城県内約180事業所の正会員・賛助会員の他、宮城県、仙台市はじめ10機関・団体による特別 会員により構成されています。
MISAの事業は?
MISAは下記の事業を行っています。
  • (1)地域情報化の促進に関わる調査研究事業
  • (2)情報サービス産業の経営基盤確立整備に関する事業
  • (3)情報化の推進に関わる人材の確保・育成に関する事業
  • (4)情報化に関する普及啓蒙活動
  • (5)情報サービス企業相互及び異業種企業との情報交換・交流事業
  • (6)関連する官公庁、団体その他関係機関との協力連携並びに提言
  • (7)その他目的達成のために必要な事業

 

設立・運営趣意

今日、情報化は産業のみならず個人生活の分野まで浸透してきており、地域ならびに地域産業の発展にとってその重要性は極めて大きくなってきております。特 に産業分野においては経済のグローバル化等にともない、空洞化や競争激化など経営環境が厳しさを加えており、新産業の創出や既存産業活性化の決め手として IT(情報通信技術)への期待が高まっています。

行政面においても、国・自治体双方において情報通信技術の活用が一層積極的に推進されつつあります。

宮城県においても、新総合計画の中で、ITを、地域産業振興、新産業確立創造をはじめあらゆる政策を実現するための共通基盤としてとらえ、行政が率先して その活用に取り組むとともに、高度情報化のための環境整備や人材育成を支援することによって、積極的に地域情報化の促進を図ることが打ち出されています。

 

「宮城県情報サービス産業協会」は、平成8年12月に任意団体として発足後、平成13年4月には公益社団法人として宮城県知事の認可をいただき、個々の企業の限界を克服し県内における情報関連技術の利用促進・水準向上など に努め、情報サービス産業の振興をはかると共に経済・社会の発展に寄与することを目的として活動実績を積み重ねてまいりました。

そして、ITが産業、教育、文化、行政等あらゆる分野にインフラとして浸透、活用される時代の中で、本協会の掲げる究極の目的である地域産業振興に寄与し ていくためには、従来の技術・サービスの提供者側の団体という枠を越えて、より幅広い活動をしていくことが必要になっています。

 

宮城県情報サービス産業協会は以上の認識のもとに、平成23年7月を期して一般社団法人へ移行、情報化に関わりを持つ幅広い会員の参加のもと、全員参加型の事業活動を行うことにより、本県の社会・経済の発展に寄与するために積極的に事業を展開してまいります。

 

設立目的

宮城県内における情報関連技術の利用促進・水準向上ならびに人材の育成、普及啓蒙を行うことにより、地域社会の高度情報化の促進を図り、本県における経済 および社会の発展に寄与することを目的とします。

 

事  業

  1. 地域情報化の促進に係わる調査研究事業
  2. 情報サービス産業の経営基盤確立整備に関する事業
  3. 情報化の推進に関わる人材の確保・育成に関する事業
  4. 情報化に関する普及啓蒙事業
  5. 情報サービス企業相互および異業種企業との情報交換・交流事業
  6. 関連する官公庁、団体その他関係機関との協力連携ならびに提言
  7. その他目的達成のために必要な事業

 

[具体的事業活動の事例]

<地域IT産業基盤強化のために>

  • 経営者・事業責任者対象の研修会、人的ネットワークづくり

         …経営者セミナー、経営者サロンの開催

  • 経営問題に関する調査
           …助成金・補助金の調査・PR、業界経営実態調査など
  • 人材確保・育成支援策の展開
           …企業合同説明会、各種研修会など
  • 会員福利厚生制度の導入・検討
           …保養施設・クリニック割引制度、各種スポーツイベントなど
  • 情報関連技術の利活用・促進  

            …関連セミナーの開催など

 

<地域情報化推進のために>

  • フォーラム・フェア開催による情報化普及・啓蒙
           …東北IT EXPO、IT講演会開催等
  • 新しいIT技術に関する中堅・中小企業向けセミナーの開催
           …クラウド、BOA情報セキュリティ等
  • 最新技術等に関する専門技術者育成のための研修会開催
           …仮想化技術、オープンソース、組込み技術等
  • 地域情報化促進、地域IT産業基盤強化のための調査研究

         …IT利活用促進、ITビジネス創出検討、ビジネスマッチングなど

  • 地域の産・学・官各界との情報交換、政策提言
  • 異業種、関連団体等との交流・情報交換
  • ITに関する広報活動

         …情報誌発行、企業便覧刊行、新聞PR、HP運用など

  • 各種ボランティア活動

        …地域NPOとの連携、ボランティア体験サポート事業(VES)、災害支援など

 

運  営

 

【 会 議 体 】

総 会[構成:正会員]

  • 役員(理事、監事)の選任
  • 事業計画および収支予算の決定
  • 事業報告および決算の承認
  • 定款その他規約の変更

 

理事会[構成:理事]

  • 総会の議決した事項の執行に関する審議・決定
  • 総会に付議すべき事項の審議・決定
  • 委員会委員の選任
  • 顧問・参与の委嘱、新会員の加入に関する事項の審議・決定

 

委員会[構成:正会員]

  • 協会の目的達成に必要な事項に関する審議・調整・実施
  • 常任(委)は、特定の事業等の円滑な遂行のため通年で設置
  • 特別(委)は、特別事項の審議等のため期間を限定して設置

 

[ 組織図 ]
会議体組織図

 

加入団体

  • 一般社団法人情報サービス産業協会
  • 宮城県高度情報化推進協議会
  • 東北データベースソサエティ
  • 宮城県中小企業団体中央会
  • 東北情報通信懇談会
  • 仙台商工会議所
  • 仙台高専産学連携振興会
  • 一般社団法人みやぎ工業会
  • 富県宮城推進会議
  • 日本情報技術取引所

 

組  織

会 員(平成28年10月現在)
  種           別 * 会 員 数
正  会  員 宮城県内に在住し、本協会の目的に賛同して入会した
法人または団体
160
賛 助 会 員 本協会の目的に賛同し、事業の推進を援助するために入会した
個人、法人または団体

47

特 別 会 員 本協会の目的に賛同し、事業に協力するために入会した
公的機関など
11
合    計   218
事務局
住 所 〒980-0011 仙台市青葉区上杉一丁目6-10 (仙台北辰ビル5F)
TEL 022-217-3023
FAX 022-217-3055
Email misa@misa.or.jp
事務局長 穴沢 芳郎
担 当 矢口 亨 ・ 白渡 小百合