Javaステップアップ研修 JavaSE8新機能 オンライン開催のご案内

>> MISA研修・セミナー等一覧ページへ戻る

【人財委員会-育成G】

Javaステップアップ研修 JavaSE8新機能
オンライン開催のご案内

 

今般、協会主催にて表題研修をオンラインにて開催いたします。
本研修は、Java経験者向けに、Java SE 8で登場した新機能や変更点について詳しく学習します。新機能の概要を理解するとともに、ラムダ式、コレクションを操作するためのStream API、日時操作のための新しい Data and Time APIの使用方法を学習することができます。
また、オンライン研修後、約3か月間アーカイブで復習できますので、是非、若手エンジニアのステップアップにご活用ください。

【開催概要】

研修名称:

Javaステップアップ研修 JavaSE8新機能

対象:

すでにJavaの基礎的な文法はある程度経験・理解できているエンジニアで、①Java SE 8で登場した新機能や変更点の理解 ②Javaの実装力を高めたい方。など

日程:

2021年10月21日(木)~22日(金) 9:30~17:30(7時間×2日間)

実施方法:

ZOOMによるオンライン形式。(詳細は JavaSE8新機能_募集案内 等をご参照ください)

受講料:

55,000円(消費税10%込み)
※ 申込締切日後、MISA事務局より受講料振込みのご案内を致します。
※ 請求書などの事務的な連絡はMISA事務局が窓口となります。

申込先:

Web申込フォーム、または申込書をEmailまたはFAXでお送りください。
※送信先:MISA事務局(TEL:022-217-3023、FAX:022-217-3055、Email: misa@misa.or.jp)

募集定員:

10名 (先着順)

申込締切:

10月7日(木)

問合せ先:

MISA人財委員会-育成G 研修担当
○ 株式会社SRA東北 岡田 晃男
E-mail okada(アット)sra-tohoku.co.jp (TEL: 022-221-9061)
★(アット)を@に置き換えてください!

 

◆オンライン開催にあたっての注意点

1.ご用意いただくもの

  • PC(Webカメラ必須)・イヤホンマイク等、受講に必要な機材。
    複数ディスプレイ環境が便利です
  • 安定したインターネット回線(通信料含む)。
  • 使用予定ツール:ZOOM(カメラ必須とします)、主要なWebブラウザ。
    研修中、ZOOMの操作説明は原則として行いません。ご了承ください。

2.受講場所

  • 自社・自宅など、指定はございません。
  • 自社会議室などに集まって受講される場合でも、各人がZOOM接続してください
  • ヘッドセット等を使用しても近くの方の音声を拾ってしまう場合がございますので、ご注意ください。

3.ZOOMについて

  • 研修の質を高めるため、カメラは必須といたします。(休憩時、一時離席時を除く)
  • チャット機能は使用しません。

4.申し込み後のアカウント登録

研修受講前に「Oracle Event Learning Subscription User Guide」を送付します。研修受講までの流れをご確認ください。

  • 研修受講のお申し込みが完了すると、ELS キーメールが送付されます。メール内の [学習開始] にあるリンクから ELS のアクティベーションを行います。
  • ELS のアクティベーション、アクセスには Oracle.com アカウントの登録が必要です。アカウントをお持ちでない方は事前に Oracle.com アカウントの作成 をお願いいたします。
  • 奨励ブラウザ
    Microsoft Edge, Firefox, Google Chrome, Safari などの主要 Web ブラウザ (JavaScriptおよび Cookie が有効化されていること)
  • 推奨ネットーワーク構成
    回線速度: 1Mbps 以上。デジタル・ラーニングのビデオ視聴を行う場合は Brightcove 社が提示する使用ドメイン・ポートへのアクセス許可設定が必要です。

 

【研修内容】

※カリキュラム詳細版は、こちらの資料をご覧ください。
JavaSE8新機能_募集案内

Javaステップアップ研修 JavaSE8新機能

○日時:

2021年10月21日(木)~22日(金) 9:30~17:30

○効果:

Java SE 8の主要な変更点および機能拡張について詳しく学習します。新機能の概要を理解するとともに、ラムダ式、コレクションを操作するためのStream API、日時操作のための新しい Data and Time APIの使用方法を学習することができます。

○対象:

すでにJavaの基礎的な文法はある程度経験・理解できているエンジニアで、
・近年のJava SE8の変更点および新機能の理解したい方
・JavaをJavaらしく実装できる知識・技術を強固なものとしたい方
・Java の実装力を高めたい方

○機器要件:

  • ZOOMを安定して使用できるインターネット回線
  • PC推奨スペック: Windows10、RAM4GB以上、ストレージ100GB以上
  • 使用ツール:ZOOM(カメラ必須とします)、主要なWebブラウザ
  • その他、オンライン受講に必要な機器・環境等は各自でご準備をお願いします。

○カリキュラム:

  • Java SE 8での変更点の概要
  • ラムダ式の紹介
  • ラムダ式の例
  • ラムダを使用するコレクションのフィルタ処理
  • 組込みラムダ型の使用
  • ラムダによるコレクション操作
  • 並列 Stream
  • ラムダの活用方法
  • メソッドの拡張Date and Time APIの使用: ローカルの日時の操作
  • Date and Time APIの使用: タイム・ゾーン操作
  • Date and Time APIの使用: 日時の量の操作

○講師:

日本オラクル株式会社

 

申込フォーム(送信後、misa.jinzai.ikusei@gmail.comより自動返信メールが送信されます)